筑西市・結城市・下妻市・桜川市・古河市で新築住宅を建てるならイシンホームの小川ハウジングへ。

地球温暖化を防止する家

地球温暖化を防止する家
地球は今、温暖化、砂漠化という「ガン」になりつつあります。
1995年の京都議定書以降も、地球の温暖化は進み、環境はさらに悪化して、家庭部門ではCO2排出が32%も増えています。
東京都環境局の谷口信雄さんは、講演会の中で住宅建築の地球温暖化対策として、早急にCO2の50%以上削減を目指してほしい、といわれています。

CO2 削減、光熱費ゼロ住宅に向かって

持続可能な社会の実現のために、CO2削減を考えた家を建てることは私たちの義務となりました。
結論からいいますと、太陽光発電をつければ、CO2は76%カットでき、光熱費、冷暖房費を電力会社に売買することで、年間を通して考えれば、100%までカットできます。使う人や地域、太陽光発電の大きさにもよりますが、それは可能です。
そのためには、3つのことを改善しなくてはなりません。

Point1.熱損失の多い建物の部分から順に熱損失を少なくして、
熱遮断をあげること。

熱損失が大きい窓、開口部は樹脂とアルミの複合サッシと、Low-Eガラスなどを使用し断熱効果を高めます。
天井・壁は、外反射断熱と内断熱の両方を併用した高断熱仕様にします。そして24時間換気を、熱交換タイプに変えて、システム的に建物全体で熱コントロールできるようにします。
これらを統合して、熱損失は50%ぐらい少なくなります。

Point2.省エネ効果の高い電化製品により、
CO2の排出をカットすること。

省エネ効果を高める給湯、冷暖房設備としてはヒートポンプ式が主流になるでしょう。
CO2も50%カットできます。エコキュートなどの給湯設備の設置費用が非常に高額なことが欠点ではありますが、深夜電力を利用することで、ランニングコストは、ガスに比べて、六分の一の費用ですみます。
IH調理器などを使い、オール電化住宅にすれば、室内の空気の汚れも少なく、CO2も削減できます。また、光熱費の削減もできるので、これからはオール電化住宅が主流となるでしょう。

Point3.太陽光発電などにより
クリーンエネルギーを生産するだけでなく
余った電力売電をすること。

太陽光発電は、地球の大気汚染防止による温暖化防止の点からも、できればつけておきたいものです。
太陽熱利用とか、断熱性能をよくするというひとつの項目だけで、求められているCO2削減の値までには届きません。省エネ住宅も、ハイブリッドに複合化された方法で建てる時代です。

イシンホーム住宅研究会は、CO2排出量約76%削減、年間光熱費100%節約の生活をいつか地球人の標準にしたい、と考えます。それは地球環境に優しいだけでなく、原油価格が上がり続ける私たちの子孫の未来をも見据えた、最も安全でシンプルな、正に200年住宅にふさわしい生活スタイルなのです。

Eco-i 工法
Eco-i 工法

省エネ対策1
太陽光発電システム ~地球環境と光熱費に配慮~

発電状況をいつでもどこでもチェック

  • 太陽光発電ナビモニター
    太陽光発電モニタは、発電した電力と消費した電力をリアルタイムに表示します。今、どれだけ電気を売っているのか(売電)、使っているのか(買電)が、画面をタッチしていけばわかるので、節電に楽しくチャレンジできます。
  • 余った電力は、電力会社に売れるから家計も大助かり!
    昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。また、曇りや雨の日など発電した電気では足りない時や夜間などは必要分のみ今まで通り電力会社から購入します。このように、太陽光発電と商用電源の2つを自動的に(日常の操作は不要)使い分けるので、光熱費を節約することができます。

太陽光発電ナビモニター

月々の光熱費がお得な上に、CO2排出量も削減!

太陽光発電ナビモニター
※実際の生活上でのCO2削減率は、地域、気象、室内温湿度設定、間取り、住まい方によって異なります。
※専用プログラムSMASH等による当社でのシュミレーション結果をもとに、1990年当時の当社住宅との比較となります。

省エネ対策2
給湯器が約1/6に節約できるエコキュートを標準装備
~ガス給湯器に比べてCO2排出量約50%削減~

「エコキュート」は空気の熱でお湯を沸かすから地球にも家計にも優しい

エコキュートは給湯費が大幅に節約できる人気アイテムですが、ガス給湯器や電気温水器に比べ高価なため、あまり普及が進んでいません。

Eco-i工法は、プロパンガスに比べて約1/6、金額に直すと年間約6.7万円節約できるエコキュートを標準装備しています。

エコキュート

エコキュート

省エネ対策3
断熱性能が約2倍高い、断熱サッシ・ガラスを標準装備
~従来のサッシに比べて熱損失約46%減少~

「樹脂・アルミ複合断熱サッシ」は断熱性が高く、結露を抑えてカビや腐食を防ぎます。
「樹脂・アルミ複合断熱サッシ」は断熱性が高く、結露を抑えてカビや腐食を防ぎます。

「Low-E 服層ガラス」は断熱性が約3 倍高く、冷暖房がよく効いて家計を節約します。
「Low-E 服層ガラス」は断熱性が約3 倍高く、冷暖房がよく効いて家計を節約します。

省エネ対策4
エアコン1~2台で全館冷暖房できる、
断熱性が2~3倍高い仕様を標準にしました

~従来の壁と比べて熱損失約63%減少
冷暖房と断熱性向上でCO2排出量約71%削減~

外反射断熱・Eco-i ウォール

外反射断熱・Eco-i ウォール

省エネ対策5
健康と省エネのことを考えた、
ECO-i熱交換換気システムを標準装備
~従来の第3種換気に比べて熱損失約70~85%減少~

「アレルノン給気フィルター」で花粉を99.8%除去する

花粉症の人が非常に増えています。室内にはこのフィルターを通った新鮮な空気が入るので安心です。
ダニが発生しやすい押入・クローゼットまで排気がついているので、アレルギー体質の人に喜ばれています。

アレルノン給気フィルター

アレルノン給気フィルター

「Eco-i 熱交換換気」は、地熱と室内熱の再利用で冬暖かい居住空間を実現。
従来住宅より換気による熱損失を約70~85% 少なくしました。

「冷えが万病の元」という医学的報告が多くあります。心筋梗塞、脳溢血などはトイレや浴室が寒くて急激に冷えるときに起きます。エアコン1台~2台(※)で、温度差のない全館暖かい理想的な健康空間を実現します。
※地域、間取り等の条件により異なります。

Eco-i 熱交換換気